Thursday, October 31, 2019 10:09 AM

FRB、3回連続利下げ〜0.25%、緩和休止を示唆

 連邦準備制度理事会(FRB)は30日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利の引き下げを決めた。7月と9月に続く3回連続で、下げ幅は同じ0.25%とした。米中貿易摩擦の長期化で製造業の活動低迷を警戒し、金融緩和で景気悪化を未然に防ぐ。

 FRBは会合終了後の声明で、前回までの「景気拡大を維持するために適切に行動する」との表現を削除。「適切な金利水準を見極める」と説明、利下げを当面打ち止めとする考えを示唆した。

 パウエル議長は記者会見で、今回の利下げは米中対立など「進行中の下振れリスクへの保険」と説明した。その一方、米中両政府が貿易協議の部分合意署名を目指すなどリスクは弱まる方向にあるとして「今の金融政策が適切だ」と強調した。現時点で「利上げは考えていない」とも付け加えた。

 FRBは景気失速を回避する「予防的利下げ」を7月から実施。世界経済の減速感が強まる中でも、7〜9月期の実質成長率は米経済の実力とされる2%弱を確保した。利下げ効果を見極めるために様子見の姿勢を打ち出した。

 FRBは主要政策金利を年1.50〜1.75%とし、31日から適用する。政策決定は投票権を持つ10人のうち2人が金利据え置きを主張して反対した。(共同)