Monday, September 21, 2020 9:32 AM

アイ・ミーブ生産終了へ〜三菱自、世界初の量産EV

 三菱自動車が2009年に発売した世界初の量産電気自動車(EV)「アイ・ミーブ」の生産を20年度内にも終了する方針であることが分かった。経営再建に向け、7月にSUV「パジェロ」の生産撤退を発表しており、三菱自を象徴する車の生産が相次いで終わることになる。

 アイ・ミーブの販売台数は09年の発売から今年7月末までの累計で約2万4000台にとどまり、長く販売不振が続いていたことが生産終了の主な理由。大幅なモデルチェンジができず、充電1回当たりの最大走行距離を発売当初の約160キロからのばせなかったことも響いた。

 三菱自は、企業連合を組む日産自動車と共同で軽自動車規格の新たなEVの開発を進めており、アイ・ミーブで培った技術を生かしたい考えだ。新たなEVは23年度までの市場投入を目指している。(共同)